So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東尾理子さんが以前、不妊治療について「ひるおび」で語っていました。 [芸能人]

東尾理子さんが2年程前に、「ひるおび」で
タイミングから始めて、人工受精、そして体外受精まで、
「とても大変だった」と不妊治療について語っていたそうですね。

また、何より辛かったのは、周りから言われる
「お子さんはまだ?」という言葉だったそうです。

ただ、東尾理子さんの場合は、苦労はされたのでしょうが、
不妊治療を始めてから、比較的早くに妊娠されたようですね。


【送料無料選択可!】
「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記
(単行本・ムック) / 東尾理子/著

価格:1,404円(税込、送料別)

以前、クルム伊達公子さんは、不妊治療について、
「不妊治療が辛いのは、注射が痛い、とかそういうことではない。
努力しても努力しても、結果が出ないことが辛い。」
「赤ちゃんを授かるためなら、痛い注射だって我慢出来ます。
でも、いろんな思いで臨んでも、なかなか授かることが出来ない、
それが気持ちをどんどん疲弊させていく。」と語られていたそうです。

結果が出ないことに加え、年齢的な問題も出てくると思います。

東尾理子さん、
お子さんを授かることができて本当に良かったですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。